「隠し丁番」な日々・・・w (2009/4月)

        YouTube(ユーチューブ)に本記事のスライドショーをアップ致しました。

     「動画」「3次元調整機能付 隠し丁番の取付 How to attach "Hidden Hinge" (3-D Adjustments type)」

        (未公開写真満載です)NEW 2012/12/19 

.

仕事というのは、面白いもので 続く時は同じような事が

これでもかっ!!! って言うほど続くんですよねぇ〜ww

.

2009年の4月は「隠し丁番」が ”これでもかっ!!!” って言うほど続きました。。。

最近は設計士さんがなさる現場が増えておりまして・・・

で、なんかもしかして 「隠し丁番」が流行ってる?っていう気さえした親方と管理人でした。

.

「隠し丁番」とは、こんな感じのものです。

  開いた状態です。

 閉じるとこんな感じになります。

その名の通り、扉を閉じた状態になると丁番が見えないんです。だから美観がいいのか

設計士さんに人気があるのは、そのせい?とか???

.

これ、この「隠し丁番」が各社から出ているのですが、それぞれにひと癖もふた癖もあります。

左右の大きさが同じのはまだいい(それだって大変ですが)んです。

しかし、左右の大きさが違うのとかもあるんですよ!

つまりそれは・・・ 建具と枠に違う大きさの掘り込みをしなくてはならないということです。

.

これをどんどん指定された場所に設置していくには、手作業なんかじゃ間に合いません。

日がくれてしまいます。。。涙。。。

.

しかし! そこは能率重視・仕上がり重視の親方のことです!

もちろんお得意の「定規」がお出ましです♪

(「親方が改良・考案した道具」のトリーマー定規類の項目をご覧下さい。クリックでページが移動します)

「定規」を作って、トリーマーで最初の掘り込みを行い、仕上げは丁寧に手作業です。

.

.

”「隠し丁番」な日々”のある1日を取材しましたので、様子をご覧下さい。

 建具用と枠用の定規が仲良く並んでます。

今回の「隠し丁番」は、左右の大きさが異なるために、建具用と枠用のふたつの定規が必要です。

.

.

まずは枠側から掘り込み作業を開始します。

 枠に定規を取り付けました。

ご覧の通り壁は、表面に化粧用の飾り板を貼り付けてある作りです。

これは難関です。

化粧用の板と芯になっている木材の状態が異なるわけです。

「隠し丁番」は、この異なる状態の2つの木材にまたがって設置されなければならないのです。

この角度からだと、その状態がよくお分かりいただけるかと・・・

.

さぁ、掘り込み作業開始です!

 

 

 ものすごく大きな建具ですから、上は脚立作業になります。

 

 

親方の慎重な作業が続きます。。。神経を消耗する作業です。。。失敗は許されません。

 見事に2つの材料に渡って綺麗な加工がほどこされていきます。

 

最後は手作業で丁寧で綺麗な掘り込みを行います。

 お見事!  

仕上がりも綺麗に「隠し丁番」が納まりました!!!

この作業を、建具が付く部分に2箇所ずつ全部行わなくてはなりません。

か、カナリ大変な作業です。。。

.

.

次は建具の加工の様子です。

 

定規がきっちりとセッティングされました。

さぁて〜〜〜

 

まずは機械で加工していきます。

そして、次に、

 

丁寧に手作業での加工で仕上げます。

ちなみに建具も、両面に化粧板を施してある重量級の建具です。

これがもう重いのなんのって。。。とても一人じゃ持てません。

ですので・・・

.

今回も強力な助っ人ナベちゃんに応援を頼んでおりました。

 えっさ、ほいさっ!

ちなみにこの現場は、ふんだんに贅沢な木製建具が使用されており、工期に間に合わせるためには、

親方だけでは無理でした。

重い建具を協力して設置してくれただけでなく、ナベちゃんも存分にその腕前をふるってくれました♪

.

.

 おぉおぉおぉお〜〜〜!  

見事に枠と建具が合体しました。

いかがです? 

難しい材料の枠と建具の双方が きちんと綺麗に仕上がり「隠し丁番」が納まりました♪ 

さすが親方!!!

.

.

角度を変えていくつか「隠し丁番」を見てみましょう。

 

右側がちょっとピンボケですね。。。す、すみません。。。(by管理人ww)

.

.

こうして取り付けたところを改めてまじまじと見ると大きいですねぇ〜

壁がそのまま動くような感じすらするほどの大きな建具です。

ちなみにこちらは勝手口だそうです。

.

全景をお見せしたいほど、立派な建物ですが、個人宅ですのでそれはできません。

とても、残念ですが、この「隠し丁番」のご様子までで この取材はおしまいです。

.

.

3月以来長期に更新をサボっておりまして、大変申し訳ございません。

楽しみにご覧いただいている皆様から「更新が無いぞ!」とのお声が・・・み、耳に痛く・・・

(by管理人)

.

. 

.

Top Page      前Pageへ戻る