強力助っ人ナベちゃん in 淡路島  (2008/12)

.

2008年暮れも押し迫った12月、淡路島で居宅の仕事が入りました。

師走という言葉がある位です。親方も走り回っている状態でした。。。

2日間かかるでしょう、というお得意様の言葉でしたが、2日間を割くことが困難な状況に・・・

.

そ・こ・で!

日ごろよりこんな困った時に応援に来ていただいている ナベちゃんに助っ人要請です。

嬉しいことにナベちゃんからは「OKす。ええですよ」と快諾の返事が。

.

さて、その当日・・・

集合は親方’sガレージw 時間は夜明け前。 管理人も掃除 兼 撮影に同行することになり、

さっぶ〜い駐車場で全員集合して、淡路島へレッツゴー!です。

 明石海峡大橋を渡る頃に、日の出を迎えました。

                              景色はとても美しいけど、 ね、眠いっす、正直w

 淡路島が見えてきました!

.

現場は高速の出口から降りて、比較的近所だったので、移動に往生するということはありませんでした。

しかし・・・ 

ええ、大阪の下町から淡路島へノンストップですから、管理人はトイレが限界状態に。。。涙。。。

 現場もほど近くなってから公園にとても綺麗なトイレ発見!

                              (あぁ、危ないところでした。。。w)

                              このトイレにはこの日1日お世話になることにww

.

さて、無事に現場に到着しました。現場はまだ床(ゆか)屋さん、左官屋さんも入っている状態。

こ、これは作業の大変さが予想され、気を引き締めた親方&ナベちゃんでした。

 早速、金物のチェックからです。

                              今回はスライド丁番がつく建具が多数あり、

                              数量のチェック、分別が大変です。

                              (一応、管理人もお手伝いしました♪)

 スライド丁番だけでも、この箱一杯にあったんですよ。とほほ。。。

.

.

その後、二手に別れて、作業開始です。

  

ナベちゃんは、小部屋で背の高い建具の取り付け作業に。

狭い中で黙々とした作業が続いていました。  入念に取り付けの調整を行うナベちゃん(写真 中)

.

さて、一方親方は・・・

 

隣の部屋に陣取って、スライド丁番の穴をあけます。ハンパな数じゃないので、これをもしすべて

電動ドリルにスライド丁番用のキリをセットしただけでは、深さの調整にいちいち手間を取られます。

そこで、親方お得意の市販道具を改良して作ったガイドが登場しました。このガイドを使えば、

バンバン穴を同じ深さで一定に開けていくことが可能です。ものすごい早さで作業が進んでいきます!

 

そして、穴を開けた先からスライド丁番を取り付けていきます。流れるような作業が続きます。

.

  

スライド丁番を取り付けた建具を取り付けです。背の届かない高い所もあり、脚立に乗っての作業です。

○本さんも一緒にアシストしてくれました。

.

 綺麗に取り付けができました。

                              後は、塗装屋さんにお任せしまっす!

. 

ちなみにこの部屋は、2階まで吹き抜けのピアノ室だとか。すごいですね〜。

ピアノ室にふさわしく仕上がっていっています。

.

 

さて、その頃ナベちゃんは・・・

先ほどまで親方が陣取って、スライド丁番の穴あけ作業をしていた部屋で今度は別の建具の取り付け作業です。

(ナベちゃんのプライバシーのために、微妙にカメラ目線だけど、顔はよく見えない右側の写真ですww)

.

 撮影や掃除の合間に、朝見つけた公園のトイレに通う管理人w

                              公園に1匹、猫ちゃんが居ました♪

.

あれれ? 現場に戻ってみると 親方もナベちゃんも見当たりません。

どこに行ったのでしょう?あちこち探してしまいました。

すると・・・

 ガラス戸の向こうにナベちゃんの姿が?

 大きな玄関戸の切り込み作業場所を求めて裏に回って

                              作業していた二人でした。

                              小雨がぱらついてきたので、戸がぬれては大変です。

                              かろうじて天井があり、ダンボールで少し養生すれば

                              作業可能な場所が裏にあったのです。

 

 管理人が投光器を持ち、ナベちゃんが重い戸を支え、

                              親方が切り込みをする・・・というチームプレーになってきました。

                              12月の小雨降る夕暮れは薄暗く、作業がしずらいものです。

.

無事に仮切り込みが終わり、親方とナベちゃんが二人がかりで細い裏道を えっさ、ほいさ、と

重い玄関戸を2枚も運んで玄関に到着です。写真撮影したかったのですが、管理人も足場が悪いので

怪我しそうで撮影は断念しました。残念。。。

.

「これでこのまま付くやろか」「あかんかったら玄関とこに広げますか?」親方とナベちゃんの会話に 

管理人は「わー、大変だ。どうなるんだろう。。。」と心配してしまいました。

しかし・・・

 

いざ、取り付けてみると、微調整のみでOK!!!  さすがっ!!!

薄暗いために、この大きな玄関戸の迫力が画像でいまいち表現できないのが残念です。。。

とても立派な玄関戸でした。

.

さて、本日の作業は終了です。撤収開始。陽は暮れてあたりはもう真っ暗に。。。

みんなクタクタです。。。言葉も途切れがち・・・沈黙が疲れを癒します。

.

 

帰り道、夜景が車窓にゆれています。観覧車がきれいに見えたのはどこかのパーキングだったと思います。(左)

.

ナベちゃん、強力助っ人どうもありがとうございました。毎度のことながら本当に助かっています。

これからもどうぞよろしく♪♪♪

.

.

.

Top Page      前Pageへ戻る